FX海外13業者の特徴・メリット・デメリットまとめ(2019/6/26時点)

海外FX比較

FX業者13社の口座開設・入金ボーナス比較

FX業者13社の口座開設・入金ボーナス比較して、お得なボーナスを獲得!
13業者各社の入金ボーナスまとめ
13業者各社の口座開設ボーナスまとめ
*それぞれ随時最新情報に更新中

海外FX会社に目を向ければまたまたいろいろな会社があり、特徴も違います。

どの海外FX会社にどのようなメリット・デメリットが存在しているのかおおまかにまとめてみました。

HotForex(ホットフォレックス)

HotForex(ホットフォレックス)は、レバレッジを悠々1000倍活用することが出来るマイクロ口座があります。幅広い取引はプレミアム口座がいいでしょう。

HotForexでの入出金において、クレジットカードとビットコインが利用できます。

100%入金ボーナス、取引リベートプログラム、取引ごとにポイントがもらえるロイヤルティプログラムと言った豪華プロモーションも用意されています。

ただし、HotForexでは、JPY(円)建て口座に対応がなく、取引口座の基軸通貨はUSD(ドル)建て口座かEUR(ユーロ)建て口座しか選択することが出来ません。

【比較】HOTFOREX(ホットホレックス)の5つの特徴

 

Big Boss(ビッグボス)

Big Boss(ビッグボス)は、インターバンク直結のECN方式を採用した取引環境で透明性の高い取引を提供しています。

Big Bossは国内銀行送金での入出金も実現しています。

また信託保全がされていないのがデメリットのひとつでしょう。またBigBossはmybitwalletに対応出来ていません。

【比較】BigBossの8つの特徴を再確認

Anzo Capital

Anzo Capital (アンゾーキャピタル)は、最大レバレッジ500倍×追証なし(ゼロカットシステム)を実現しています。

ロスカット水準(ストップアウトレベル)も証拠金維持率20%以下で、かなり他のFX会社と比較してレベルは高いです。

現在 Anzo Capital では、キャッシュバック50$キャンペーンを開催中です。

取扱FX通貨ペア数は45種類あり、CFD取引から仮想通貨取引まで利用することが出来ます。

ただし、Anzo Capital が日本市場へ入ってきたのは2018年6月というので、日本人の方々にはまだ信用出来ないイメージもあるかもしれないですよね。

【比較】Anzo Capitalの6つのメリットをわかりやすく紹介

 

Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)は、取引環境・取引条件・信用度・顧客保全において中堅ながら非常に信頼されている会社と見ていいでしょう。

ECN方式を採用しプラットフォームはMT4だけでなく、cTraderとCurrenexもあり対応がフレキシィブルです。

MT4のILC口座はドル円で最小0Pipsからのスプレッドです。

Tradeview の口座開設で現金10,000円、また13,000円のビットコインをキャッシュバックキャンペーンを現在開催中です。

Tradeview では最大レバレッジ、MT4 Standard口座:500倍を活用することが出来ます。

また、Tradeview では入金は国内銀行から送金不可、日本の銀行からTradeviewに直接送金できないのはちょっと不便さを感じてしまうのではないでしょうか。

【比較】TradeViewについて紹介!他社との比較やメリットデメリット

 

XM Trading(エックス エム トレーディング)

XM Trading (エックス エム トレーディング)は、多くの日本人トレーダーから支持を得ている海外FX会社です。

キプロスCySEC/・英国FCA・セーシェルFSAと言った複数のライセンスを所有しているTradexfin Limited社が運営をしています。

XM Trading ではレバレッジも最大888倍を活用出来て、ハイリターンを実現することが出来ます。

更に、約定力100%を誇る優れたトレード環境があり、安心してトレードと向きあうことが出来ます。

口座開設時や入金毎に付与されるボーナス、更に、取引毎に獲得するポイントなど特典の多さもXM Trading の魅力のひとつです。

【比較】XMTradingについて紹介!他社との比較やメリットデメリット

LANDFX(ランドFX)

LANDFX(ランドFX)は、最狭のスプレッドを実現しています。

USD/JPY 0.8pips
EUR/USD 0.80pips
AUD/USD 0.90pips

というのは、ちょっとライバルもお手上げ状態かも。

最大レバレッジ500倍。ロスカット水準は30%
ハイレバレッジでアクティブにトレードすることも不可能ではありません。

更に、LANDFXでは追証なしゼロカットシステムを採用しています。

ECN口座は、最大レバレッジも他業者の半分程度で、取引コストも高く、それ程おすすめではないという声があがっています。

【比較】LAND-FXの特徴的な5つのメリット

TITANFX(タイタンFX)

TITANFX(タイタンFX)は、超狭なスプレッド(0銭/0ピップ~)にメリットがあります。

ドル円スプレッド:スタンダード口座(STP方式)1.33pips

ブレード口座(ECN方式)1.03pips 手数料込
(0.33pips)手数料抜

リクオート・オフクオートなしで、約定力はサクサク感が魅力です。

TITANFXでのFXの取り扱い銘柄は63種類あります。ここでは貴金属,原油,日経225などもトレードすることが出来ます。

【比較】TITANFXを使うべき6つの特徴と2種類の口座の比較

is6com(アイ エス シックス コム)

is6com(アイ エス シックス コム)では、最大1000倍のレバレッジを活用することが出来ます。

追証無しで借金リスクなし、ゼロカットシステムを実現しています。

WEBサイトは完全日本語対応で、サポートも日本語でOK、日本人にも非常にわかりやすい海外FX会社ですね。

is6comでは、金融ライセンスを取得しておらず信頼度は低いのはやや難でしょうか。

スプレッドが他海外FX会社と比較してやや広い感じがあります。

【比較】is6comの5つのメリットを再確認!

 

iFOREX(アイフォレックス)

iFOREX(アイフォレックス)は、レバレッジが最大400倍まで活用することが出来、ロスカット水準が脅威の0%ゼロカットシステムで追証なし、ここでは国内FX会社とは全然違うトレード体験をすることが出来ます。

初回入金で「100%ボーナス」をゲットすることが出来ます。

更にiFOREXはキプロス・英領ヴァージン諸島・ハンガリーの3か国でライセンスを取得している、信頼性の高い企業です。

しかし、iFOREXは入金システムが不便という声があがっていますね。入金方法は、クレジットカード・海外送金・Netellerだけです。国内銀行送金やインターネットバンキングの対応がありません。

クレジットカードは、JCB VIZA Master Cardのみ対応しています。

【比較】iFOREXを使用するメリットを6つ紹介

XLN trade(エクセレントレード)

XLN trade (エクセレントレード) は、2018年にようやく日本人向けサービスをスタートしました。

XLN trade の強みは、ボーナスキャンペーンです。Profit口座:プラチナボーナス(150%初回入金ボーナス+100%入金ボーナス)+最大の5ポジション損失補償。

MT4口座:最大20,000$上限の入金ボーナス(100%入金ボーナス+40%入金ボーナス)

プラットフォームはProfitかMT4から選択することが出来ます。

ただし、XLN trade は、運営実績がまだまだという感じはありますね。知名度が低いというのもデメリットです。今後に期待しましょう。

【比較】XLN tradeの5つのメリットを詳しく解説

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、レバレッジ1000倍を活用してトレードを行うことが出来ます。

ゼロカットシステムで借金リスクもないから安心してハイリターンを狙いにいくことが出来ます

口座開設ボーナスや入金ボーナスと言ったキャンペーンもかなり充実しています。

日本人スタッフが運営しており、日本語でサポートを受けることが出来ます。

GEMFOREXは金融ライセンスを取得していないことがやや不安要素でしょうか。

更に、GEMFOREXでは月2回以上の出金時に手数料がかかります。

【比較】Gem Forexの4つのメリットを徹底解説

MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)

MYFX Markets (マイエフエックスマーケッツ)は、最大レバレッジ400倍で追証なし、ロスカット水準は証拠金維持率20%以下、更にスプレッドが狭いなど様々メリットがある海外FX会社です。

特に豪ドルにからんだスプレッドが優秀です。

MYFX Markets は、日本語サポートが充実し、LINEでの問い合わせもすることが出来ます。

ただしWEBページが英語だけで日本語には対応出来ていないということです。

初回入金額が200ドルというのは、やや高めという感じです。

MYFX Markets ではボーナスキャンペーンも開催されていません。

【比較】MYFXMarketsが優れている8つのポイント

FBS(エフビーエス)

FBS(エフビーエス)では、なんと史上最大級3000倍ものレバレッジ活用することが出来ます。かつスタンダード口座では0.5Pips~の取引条件でトレードをすることが出来ます。

1lot=1,000通貨と初心者向けのセント口座もあります。

FBSでは自分のニーズに合った口座を選択することが出来るでしょう。

更にFBS(エフビーエス)では、レジットカード、ビットコイン、海外送金、mybitwalletなどの入出金手段があります。

現在、FBSでは口座開設ボーナスなどお得なキャンペーンも開催中です。

FBSは、公式ホームページやマイページがわかりにくいという口コミを見つけました。翻訳ソフトを使ったような日本語対応で、そのあたりは今後に期待したいですね。

FBSの口座基本通貨で対応しているのは、ドル建て・ユーロ建てのみで、円口座に対応していません。

【比較】最大レバレッジ3000倍のFBS。5つの特徴を徹底解説

まとめ

いかがでしょうか。海外FX会社には様々なタイプがあり、それぞれメリット・デメリットがあることがわかります。

一番大事なことは、あなたに一番合ったFX会社を選択することです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました